行政書士の通信講座TOP>おすすめの通信講座>大原

大原の行政書士講座はどのようなものか?


大原

通学系の通信講座は、何でもかんでも過去問を網羅している印象がありますが、大原はしっかりと出題傾向を分析、 ピンポイントで学習出来ます。受講生のサポートも手厚く、専任講師制を設けております。テキストの内容も充実していて、 ポイントもわかりやすくまとめているので、質の良い部類の通信講座になると思います。ですが、通学系の学校ですので、受講料が高くなり、ある程度覚悟をもって学習に望む事が必要です。


受講料 対象 講義 テキスト 過去問 サポート おすすめ度
160,000円 初級者・上級者 DVD・WEB・ダウンロード 図解 あり 質問対応 満点の評価

●講師に直接電話で質問できる
現状管理人が考える最も熱いサポートは講師に直接電話で質問できる事です。
文章だけでは伝わらないことも電話なら解決できますし、
何よりモチベーションが高まります。
電話での質問対応は通信講座側にとって見れば色々大変な事がたくさんありますので、
それでも行っている問い事は、それだけ受講生のサポートを
しっかりとおこうなうという通信講座の姿勢が感じられます。

●行政法・民法対策が充実している
大原だけに限ったことではなく、他の通信講座にもいえる事ですが、
民法・行政法対策がしっかりとしてないと、行政書士には合格出来ません。
他の通信講座同様、大原も行政法と民法が充実していますので、
十分に合格を狙える通信講座と言えます。

●わかりやすくまとまったテキスト
テキストで最も大切なのは、内容の充実度ではなく、わかりやすさ、みやすさです。
大原のテキストは、ポイント・理由・具体例がセットになっているので、
その単元・分野ごとの理解が深くなり、関連する過去問を解く力もつきます。

●一発合格を狙うカリキュラム
大原は余計な学習を避け、本試験でポイントなる学習を
重点的に行うカリキュラムになっていて、
一発合格を意識していると感じます。
通学系の通信講座は、余計な学習をする傾向にあり、
多くの知識は身に付きますが、その分覚える事も多くなり、消化しきれない感じがします。

しかし、大原はポイントを絞っている無理なく知識が身に付き、
合格するためだけに必要な学習量だけになるので、挫折なく続けれると思います。

第1位 エル・エー
シンプルな通信講座

クレアール
効率学習で短期合格
第3位 LEC
充実した講座