行政書士の通信講座TOP>行政書士試験メニュー>行政書士試験の難易度は?

行政書士の難易度や合格率

行政書士試験の難易度をイメージできるように合格率を見てましょう。

年度 受験者 合格者数 合格率
平成20年 63,907人 4,133人 6.47%
平成21年 67,348人 6,095人 9.05%
平成22年 70,576人 4,662人 6.60%
平成23年 66,297人 5,337人 8.05%
平成24年 59,948人 5,508人 9.19%
平成25年 55,436人 5,597人 10.10%

その年によって多少の変動はありますが、どう考えても難易度が高く、
独学での合格は厳しいと判断できます。
行政書士試験は、3回に1回は比較的難易度が低い年があると言われていますが、
それでも10人に1人合格できれば良い試験ですので、独学では厳しいという事がわかります。
ですから、本気で行政書士試験に合格しようとする方は通信講座や通学講座を受講するのです。

そもそも合格率が1桁台の国家試験に知識もない方が、
独学で合格を目指そうとする方が無謀です。
もちろん、死ぬ気で学習する気がある方は、合格する事は可能ですが、
そこまで学習して行政書士になりたいという方はそうはいません。

ほとんどの方は、仕事の合間や隙間時間を利用しながら学習すると思いますので、
短時間でも合格できるように効率的な学習が求められます。

そうなると、現実問題通信講座を受講するしかないのです。

当サイトは、行政書士の通信講座に関しての情報を提供していることから、
どうしても独学と通信講座を対比して考えますが、
試験に合格すると言う目的で、独学のほうが良いということはありません。

結局のところほとんどの方は、お金を使いたいくないから、
独学を選んでしまっているのです。
もちろん、今の自分の学力を考えて独学で勉強するのなら、
それでもかまいません。

しかし、ほとんどの方は単純にお金を使いたくないという理由で、
独学を選んでしまい、その結果不合格になり、
学習してきた時間を無駄にしてしまいます。

このサイトで一度お話したように資格試験は、合格しなければ意味がありません。
試験に合格できなくても行政書士の知識が身に付いたとか、
努力した事に意味があるとか
単なる綺麗ごとです。 資格試験は試験に合格して資格取得し、はじめて世間に認められるのです。

ですから、資格試験は最も試験に合格しやすい方法を選択し、
最短で合格することを考えなくてはいけません。

第1位 エル・エー
シンプルな通信講座

クレアール
効率学習で短期合格
第3位 LEC
充実した講座