行政書士の通信講座TOP>行政書士通信講座メニュー>通信講座の価格の秘密

行政書士の通信講座の価格について

色々調べた方ならわかると思いますが、
行政書士の通信講座の受講料はバラバラです。
20万円近くある高い講座もあれば、5万円くらいで受講できる講座もあります。

もちろん、価格の違いは講座の内容もありますが、
それよりももっと大きな要因があります。

行政書士の通信講座は、大きく分けて2週類あり、
TACやLECのように教室も構えていて通信講座もやっているところと
ユーキャンのように通信講座専門に行っているところです。
受講料もその2つに分類されます。

前者のように教室を構えているところが行っている通信講座は受講力が高く、
どんなに安くても10万円以上はしてしまいます。

対して後者のように通信講座専門校は、
受講料が前者に比べればかなり安くなります。

つまり、受講料の高い安いは、講座内容もありますが、
それよりも、教室を持っているかいないかだけでの差なのです。

TACやLECのように教室を構えている学校は、
どうしてもベースが教室での通学になります。
もし仮に、通信講座の受講料下げれば、
多くの方は通信講座に流れていき、学校経営が成り立たなくなるのです。
ですから、通学と通信の価格はほとんど変わりません。

対して、通信講座専門校は、教室も持っていませんし、
通学校に比べ人件費もかかりませんので、受講料が安く出来ます。

しかし、多くの方はそうした事を知らず、
受講料が高いLECやTACは良いんだと勘違いしています。

誤解しないでほしいのは、LECやTACが駄目といっているわけではなく、
受講料の高さでその講座の質を判断してはいけないのです。

その証拠に通学校の通信講座と通信講座の専門校の講座内容を比べれば、
ほんとんど差はありません。

また、そのような価格の違いは講義にも現れています。
一般的に通学講座の方が講座で覚えなければいけない知識が多いのですが、
それは、それらの知識が必要なわけではなく、
講義数を増やして、高い受講料を取らなければいけないからです。

ですから、ここで覚えておいて下さい。
価格で講座の質や内容を判断してはいけません。
あくまでも講座内容で良し悪しを判断するのです。

第1位 エル・エー
シンプルな通信講座

クレアール
効率学習で短期合格
第3位 LEC
充実した講座