行政書士の通信講座TOP>行政書士通信講座メニュー>通信講座の選び方

行政書士の通信講座の選び方

行政書士の通信講座を検討する上で、一番やっかいなのは、
何を基準に選んで良いのかわからないところです。

どの通信講座も様々なコースがありますし、価格もバラバラです。
その上、教材を手にとって見る事もできませんし、仮に見られたとしても、
実際に勉強してみなくては内容の良し悪しはわかりません。

その結果、ほとんどの方は、ネームバリューや口コミなど
参考に選ぶと思います。

しかし、大手だから良いとは限りませんし、口コミも実際のところはわかりません。
行政書士の通信講座選びで本当に重要なのは、
その講座を客観的に判断することです。
つまり、誰が見てもそうだといえる事です。

そこで、このページで行政書士の通信講座のポイントを紹介していこうと思います。
是非、それを参考にあなたにあった通信講座を選びをしてみて下さい。

●DVD・音声などの講義教材がついている
行政書士の学習で効果的な知識の身に付け方は、
講義を視聴しながら、テキストを見る事です。
両教材を同時に使う事で、知識の吸収が早くなり、
記憶にも残りやすくなります。

●テキストはわかりやすく図表化されている
各通信講座のホームページや資料請求で、
テキストのサンプルが見られると思いますが、
それらを確認してできるだけ、図表を使いながら解説しているか確認して下さい。
やはり、文字ばかりのテキストだと見ていて飽きてきますし、
知識の理解度が遅くなります。

逆に文字だけでは理解できなかった事が、
図表にするだけで理解できる事は 多々あります。

もちろん、現時点でテキストの内容の善し悪しはわからないと思いますが、
テキストのサンプルを見るだけでも、
何となくわかりやすいかそうでないかはわかります。

●価格で内容の良し悪しを判断しない
行政書士の通信講座は価格がピンきりですので、
高ければ講座の内容が良く、安ければ内容がいまいちだと判断してしまいがちです。
確かに一般的なことを言えばそうした側面もあります。

しかし、行政書士の通信講座業界は、昔からある他の業界に比べ、
それほど成熟しているわけではありませんので、
それは価格競争が行われておらず、価格の付け方が曖昧です。

ですから、価格の高い安いはとりあえず気にせず、
まずは内容を確認し、価格についてはそれ以降にして下さい。

●テキスト・過去問(問題集・模擬試験)・講義・質問
どの講座にも色々な教材が付属されてりますが、
最低限その4つだけあれば合格するためには十分です。

色々な講座の内容を確認すると
様々な教材が付いていて惑わされてしまいますが、
その4つさえついていれば、
内容は別として行政書士に合格するための教材がそろっている事になります。
他の教材はあくまでも、講座を差別化するもので、
必ず必要なものではありません。

●サポート対応
サポートは基本的に質問対応と添削だけで良いでしょう。
様々なサポートを付けている通信講座がありますが、
余計なものがあっても利用せずに終わりますので、
サポートはシンプルな方が良いです。

最終的には受講してみなくては...

行政書士の通信講座選びの5つのポイントを紹介しましたが、
最終的には、実際に受講してみなくてはわかりません。

元も子もないような言い方ですが、
現在のあなたの知識量や学習環境によっても良い通信講座は変わりますし、
相性にも影響されます。

どのような通信講座を選ぶにせよ、
一度選んだらその通信講座を信じて最後までやり遂げて下さい。

確かに通信講座は、あなたが行政書士に合格しやすいように
学習効率を上げ、合格の可能性を高めてくれますが、
合格できるか出来ないかはあなた次第です。

つまり、あなたがしっかりと勉強しなくては、
どんなに良い行政書士の通信講座を選んでも合格出来ないのです。

第1位 エル・エー
シンプルな通信講座

クレアール
効率学習で短期合格
第3位 LEC
充実した講座