行政書士の通信講座TOP>行政書士通信講座メニュー>独学か通信講座か

行政書士は独学か?通信講座か?

独学と通信講座どちらが良いのかといえば、当然通信講座です。
かといって、独学でも行政書士試験に合格するのは十分に可能。
結局のところ通信講座はお金をかけて時間を買うというイメージですので、
通信講座は短期間で合格でき、独学だと合格までに時間がかかるだけの違いです。

だったら、お金を使いたくないので独学で行政書士の勉強をはじめようというのは、
間違いです。ほとんどの方はそうした思考で行政書士試験に不合格になります。

行政書士試験に不合格になる最も多いパターンは挫折です。
正確には試験を受けめせずに諦めてしまいます。
その最も多い理由は、学習量の多さであり、時間がかかることです。

極端な話になりますが、どうでしょうか?
もし1時間学習すれば行政書士試験に合格できるとなれば、
ほとんどの方は合格できるはずです。
しかし、これが1年以上かかるとなれば、大抵の方が挫折するでしょう。
これが独学と通信講座の決定的な違いなのです。

しかし、多くの方は通信講座に使うお金を出し惜しみして、
独学で勉強をはじめてしまいます。
もちろんそれで合格できるなら、独学でも全然構いません。
通信講座であろうと、独学であろうと、合格すれば同じです。

でも現実はほとんどの方が挫折しています。

ここで資格の性質を考えてみて下さい。
仮に知識はあまりない弁護士の有資格者と知識がある無資格者では
どちらが社会的な信用があるでしょうか。
もちろん答えは前者です。

何が言いたいのかというと、結局のところ勉強法はどうでもよくて、
試験に合格したかしないかだけなのです。

だったら、確実に合格する可能性の高い通信講座を選ぶべきなのです。
あなたが考える事は、どうすれば最短で確実に合格できる勉強法なのかです。
わざわざ学習がつらくなる独学で勉強する必要はありません。

第1位 エル・エー
シンプルな通信講座

クレアール
効率学習で短期合格
第3位 LEC
充実した講座